NISA・つみたてNISA

【投資信託・NISA・つみたてNISA編⑧】つみたてNISAとは何?20年後はどうすればいいの?利益はどんな感じ?など疑問を勉強しよう

みたてNISAとは何
この回でわかること
  • 投資信託買うならつみたてNISA口座で買おう
  • つみたてNISAとは
  • つみたてNISAってどんなもの?
  • つみたてNISAで20年経ったらどうするの?
  • つみたてNISAでどれくらいお金が作れるの?

投資信託は証券会社で買う

投資信託のこと、結構わかって来ちゃったな!

もうそろそろ購入しようかと思ってるよ

そうね。ここまでの話で、投資信託がどういうものかで、どういう基準で選べばいいかがわかったと思うわ。

やっと投資信託を買うところまで来たわね。投資信託はどこで買うか知ってる?

もちろん。証券会社だよね。前のカテゴリーの株の勉強の時に習ったよ
そうね。

株の買い方の時に、株や投資信託などの投資商品は証券会社で買うことを教えたわよね。

この記事↓で証券会社の説明をしたわ

株を買う証券会社
【投資の基礎と株編⑦】 株を買う証券会社ってどこがいい?特定口座と一般口座、NISAとつみたてNISAの設定はどうすればいいの?株を買う証券会社ってどこを選べばいい? 初心者にオススメの証券会社は楽天証券かSBI証券を選べばOK! 資金が少ない人は銘柄を1株から購入できるSBIネオモバイル証券もオススメ! 一般口座と特定口座の違いも知っておこう...
この記事では株の買い方について話をしているけど、証券会社で投資商品を買うことの基礎は同じだから、この記事を読んでいない人はまずここから読んでね
一回読んだけど、もう一度確認してみようかな

投資信託の購入の前に知っておきたい「つみたてNISA」とは

じゃあ、ここからはさっきの記事を読んでもらったことを前提にして話をするわね。

証券口座には、普通の口座以外にも「NISA口座」か「つみたてNISA口座」のどちらか1つを作れる

利益が非課税になる口座だよね。

NISA口座なら年間120万までは非課税になるんだよね。

もし楽天銀行で年間120万円以上の株を買うなら、120万円まではNISA口座で、それ以上は特定口座で買うといいって教えてもらったよ

そうね。

通常、投資の利益には約20%の税金がかかるけど、NISA口座とつみたてNISAなら利益に税金がかからない。

つみたてNISAはその名の通り、積み立て投資専用のNISA口座なの。

投資信託のつみたて投資専用のNISA口座が「つみたてNISA」だと思ったらいいわよ

つみたてNISAは投資信託の利益が非課税になる口座の名前なんだよね?
そうよ。

「つみたてNISA」の名前が先行していて、これ自体が投資の名前だと思っている人も多いみたいだけど、これは非課税口座の名前なの。

投資信託を買いつける口座の名前だって知っておいてね

つみたてNISA口座じゃないと投資信託は買えないの?
そんなことはないわ。

別に普通の証券口座でも買えるし、NISA口座にも買える。

でも、投資信託の積み立て投資をするならつみたてNISAを使うのがオススメ

積み立てNISAってどういうもの?

NISA口座とつみたてNISA口座は、どちらか1つしか作れないんだよね?
そうよ。そして、1つの証券会社でしか作れない

つまり、「楽天証券でNISA口座作って、SBI証券でもNISA口座作ろ〜ってことができないの

どこかの証券会社で1つしか作れない

私は投資信託だけじゃなくて株も買いたいし、NISA口座かつみたてNISA口座、どっちを作ればいいか迷うなぁ
そうね。

投資信託を買うなら迷わずつみたてNISA口座を開設したらいいと思うけど、NISA口座と迷っている人は、2つの口座の仕組みを理解して、どっちが自分に合っているか考えてみてね。

では、ここから「つみたてNISA口座」の特徴を解説するわ

つみたてNISAの特徴1:年間40万円まで積み立て可能

まず1つ目。つみたてNISA口座では、年間40万円まで買い付けが可能よ。

ドルコスト平均法を使って毎月同じ額だけ買い付けるから、月に約3万円の投資信託を買えばいいわ。

3万円×12ヶ月で36万円だから、40万円以下になるわね

年間40万円以上積み立てたい場合はどうするの?
年間40万円まではつみたてNISA口座で買って、それ以上は普通の証券口座で買えばいいわ
月3万円までなら、投資信託は何個でも買っていいの?
もちろんOKよ。

1つの投資信託を3万円分買うのも、3つの投資信託を1万円ずつ買うのも、10個の投資信託を3000円ずつ買ってもいいわ

とにかく、合計を毎月3万円にしたらいいわよ

なるほど。

でも、年間140万円なら毎月3万円じゃなくて、毎月3万3333円まで買えるよね?

厳密には確かに3万以上でもいいんだけど、毎月3万3333円の積み立てはダメよ。

積み立てNISAの枠内には、少し余裕を持たせないといけないの。

なぜなら、分配金の再投資が新規の積み立てとして枠を消費するから

分配金の再投資も含めて年間40万円の枠内に納めなきゃいけないの。

でも分配金っていくらもらえるかわからないわよね。だから少しゆとりを持たせておくのがいいわよ。

ここでは話を単純にするために月3万円と言ったけど、実際には月3万2000円くらいまでにしておくといいわよ

もし、分配金が多くて、買い付け額が40万円を超えてしまったらどうなるの?
その場合は買い付けができなくなるわ。

もし11月で年内40万円の枠を全部使い切ってしまったら、最後の12月は積み立てができなくなる

おお…

そうなったら、ドルコスト平均法が崩れてしまうね。そうならないように積み立ての金額をギリギリにしない方がいいね

つみたてNISAの特徴2:枠内の利益には非課税

つみたてNISA口座で買った投資信託の利益が非課税なんだね。

これは普通のNISA口座と同じだね

そうよ。つみたてNISAの枠内で出た利益は課税されないの。

投資信託で出る利益は、

  1. 分配金
  2. 投資信託を売って出た利益
この2つね

つみたてNISAの特徴3:つみたてNISA口座は2037年まで新規買い付けができる

積み立てNISAは、2037年まで新規買い付けができる制度よ。(※注)

つみたてNISAが始まった2018年から利用開始したら、つみたてNISAでの新規買い付けを20年続けることができるわね。

これが普通のNISA口座との大きな差よ。

NISA口座の新規買い付けは2023年までなの。

今は2019年だから、あと4年しかないわよね。

それに比べてつみたてNISAは2037年まで新規買い付け可能だから、あと、残り19年間買い続けることができるわ(※注 2019年現在の情報

つみたてNISAの新規買い付けの延長を、政府・与党は改正案を2020年度税制改正大綱に盛り込む方針とされている。

改正されると、つみたてNISA開始から20年間の買い付けが可能になる

NISA口座は年間120万っていう大きな枠があるけど、新規買い付けが終わるのは、もうすぐそこまで来ているんだね
  • NISAの新規買い付け期間と買い付け可能金額…2023年まで、年間120万まで買い付け可能
  • つみたてNISAの新規買い付け期間と買い付け可能金額…2037年まで、年間40万まで買い付け可能
私は積み立てNISA口座での新規つみたてが終わる2037年には47歳になっているよ。

つみたてNISAが終わったら、どうしたらいいの?

非課税の期限内に売却することで、利益を全て非課税にできるわ。

でも、「まだ売りたくない・保有を続けたい」と考えたら、投資信託を通常の証券口座に移すことができるから、そのまま保有し続けたらいい

でも、普通の証券口座に移したら課税されちゃうんだよね?
そうなんだけど、利益の全部に課税されるわけじゃないの。

つみたてNISA非課税の期間内に出た利益には課税されなくて、通常の証券口座に移されてからの利益に対して課税されるのよ

なるほど!

期間内に売却しないと非課税のメリットを受けられないと思っていたけど、もっと長い間保有する人でも非課税のメリットを受けられるんだね

そうね。

ちなみに、つみたてNISAは「買い付けたファンドを保有するのが20年」だから、新規買い付けが終わる2037年に全ての投資信託を通常の証券口座に移さなきゃいけないってことじゃないから注意してね

どういうこと?
つみたてNISA口座は購入した年から20年間の保有ができるの。

例えば、2018年に買った40万円分の投資信託は2037年まで保有できる

2019年に買ったものは2038年まで保有できる

1年ずつずれてる
そう。

2037年に通常の証券口座に移されるのは2018年に買った40万円分だけよ。

そして翌年にまた2019年に買った40万円分が移される。

2037年に買った投資信託の非課税が終わるのは2056年って事になるわ

非課税効果は、2037年に一気に終了するのかと思ってたけど違うんだね!

毎年買った枠ずつ終わっていくんだ

そうなの。

だから、20年間保有した後に売却する時も、まとまったお金が必要じゃないなら、一気に全部を売却するんじゃなくて毎年売却していくという方法をとればいいと思うわ

つみたてNISAは、新規のつみたて期間が2037年まで、購入した投資信託の保有期間は20年。

これはちゃんと覚えておかなきゃね

その通りよ

つみたてNISAの制度は2037年の買い付けで終了する

つみたてNISAの買い付け可能期間は2018年~2037年の20年間になっているわ。

だから「つみたてNISAはいつからはじめても20年間新規買い付けができる」と誤解している人も多いけど、いつからはじめても20年間の期限があるわけじゃないってことを覚えておいてね。

繰り返しになるけど、新規買い付けは2037年まで、それを保有できるのは2056年までっていう期限が決まっている。

だから、始めるなら出来るだけ早い方がいいの

2019年からつみたてNISAを始めるなら、買い付けできる期間は19年になるもんね
その通りよ。

だから、できるだけ早く始めた方がいいわ

つみたてNISAの特徴4:投資信託はリストアップされている

つみたてNISAでは、購入できるファンドがリストアップされていて、その中からしか選べないの
え!自由に選べないんだ。それはダメだね
そうでもないのよ。

つみたてNISAは長期投資を前提とした投資だから、金融庁がちゃんとチェックして「この商品ならいい商品だ」って思ったファンドだけしか購入できないようになっているの。

まず、購入手数料と売却手数料が無料の投資信託しかリストアップされてないわ。

信託報酬には上限を設けていて、(国内インデックスファンドは年0.5%以下、国内アクティブファンドは年1.0%以下など)条件をクリアした投資信託だけになってるの。

つまり、手数料的に優秀で、投資家にとっていい投資信託しか取り扱ってないの

金融庁が認めたいい商品だけが、リストアップされているんだ。

なんで金融庁?

海外に比べて、日本国民は投資をしている人が少なくて、貯蓄する人が多いって聞いたことあるわよね?

そのお金をもっと投資に使ってくれたら、お金が回って経済活動が活発に動くようになるから、国としては国民に投資を促したいの。

それで、投資家にとってお得なNISAやつみたてNISAという制度を作った。

ぜひ、この制度を使って、みんな投資をやってみてね!」ってことよ

なんか、国に騙されそうだな〜
そんなことはないわよ。

国はみんなに投資をはじめて欲しいから、すごくお得な制度を作ってくれているわ。これを使わない手はないわよ。

20年も継続して売買手数料無料で非課税という大きなメリットを使わないのは勿体無い

つみたてNISAで購入が認められている投資信託はインデックスファンドがたくさんあって、優良な投資信託はほぼ網羅しているから、変な投資信託に騙されることも少ないわ。

ただし、1点注意してほしいのは、つみたてNISAで買える投資信託は、株式の投資信託だけってところよ。

つまり、リートや債券の投資信託はつみたてNISAでは取り扱ってない

そうなんだ。リートの投資信託がないのは残念だな〜
ただし、一部に株式が含まれていれば大丈夫だから、

株式とリートと債券をミックスしたような分散型の投資信託はあるわよ

つみたてNISAの特徴5:解約・売却はいつでも自由!

時々、「つみたてNISAは20年間売却できない」と思っている人がいるけどそれはないわ。

売る時期は自由。お金が必要になったらいつでも売却してOK

つみたてNISAの特徴6:スポット買いができないことに注意!

「つみたてNISA」はその名前の通り、つみたて投資のための口座だから、積み立て以外の方法で投資信託を買うことはできないわ。

つまり、「今月お金たくさんあるから、投資信託を買い増ししようかな」とかはできないってこと。

こういう単発で投資信託を買うことを「スポット買い」と言うんだけど、つみたてNISAではスポット買いはできないって覚えておいて

じゃあさ、もしお金ができて、その時の投資信託が安くて、買い増しておきたいと思ったらどうしたらいいの?
普通の証券口座で買えばいいわよ
まぁ、そうだね
普通の証券口座では課税されてしまうけど、投資の規模が大きくなっていけばNISA枠で収まらなくなるのは仕方ないことよ。

最初はつみたてNISA口座(NISA口座)から使って、それ以上規模が大きくなったら通常の証券口座で購入していきましょう

NISA口座かつみたてNISA口座か、どちらかしか選べない

繰り返しになってしまうけど、NISA口座とつみたてNISA口座は同時に両方持つことはできないわ
私はつみたてNISA口座を作ろうかな
もし、変更したくなったら証券会社に言えば変更できるけど、最初に作る前に、どっちにしようかとしっかり考えてから口座を作るようにしてね

つみたてNISA口座でどれくらい非課税の恩恵を受けられるかシュミレーションしてみよう

最後に、つみたてNISAを使って毎月3万円を20年間積み立てて、それを例えば5%運用したらどれくらいになるか、シュミレーションしてみるわね。

カブドットコム証券のつみたてNISA(積立NISA)かんたんシミュレーションで計算してみましょうか

投資信託・NISA・つみたてNISA編③でも積み立てシュミレーションしたね!
シュミレーションの結果はこのような感じよ
月3万・利回り5%・20年間でシュミレーション
  • 積み立てた金額…720万円
  • 増えた額…502万円
  • 最終額…1222万円
  • 非課税メリット…102万円(積み立てNISAを使っていなかったらこの分は税金で徴収されていた
20年後は1222万円になってるんだって!
そうね、もちろん、これはシュミレーションだし、手数料などでもう少し変わってくるけど、だいたいこんな感じって考えてみてね
でも、利回り5%で運用なんてできるのかなぁ
必ずできる、とは言えないけど、

例えば「MSCIコクサイインデックス」という先進国株式指数に連動した先進国株式インデックスファンドの、直近20年の平均リターンは6.6%よ

じゃあ、それをもし20年前に海外株式のインデックスファンドを買ってたら、さっきのシュミレーション以上の結果が出ていたってことだよね
もちろん、手数料の差もあるし、20年前にはNISAがないから同じではないけど、資産の増えかたについてはそんな感じね
最高じゃん! 私、つみたてNISAでインデックスファンドを買うことにする!
それがいいと思うわ。

月々の上限も約3万円ほどで初心者にも始めやすいしね。

とは言え、金山は株も買いたいんだから、NISA口座のこともちゃんとわかっていた方がいいわよ。

次はNISA口座について説明するわ

<<前の記事

次の記事>>

投資信託・NISA・つみたてNISAカテゴリTOPへ

目次に戻る

YouTubeでゆっくり動画を配信中!

当サイトの内容を、ゆっくり動画にした配信がはじまりました!

まだ内容は少ないですが、サイトを読むのが面倒な人や、動画で復習したい人はぜひYouTubeチャンネルの登録をお願いします!